インクカートリッジ通販比較の「INKマスター」

TOP > インクカートリッジについて > リサイクルのインクカートリッジのデメリットは?

リサイクルのインクカートリッジのデメリットは?

 使用するインクの種類により、プリンターのランニングコストは大きく変わりますから、リーズナブルに印刷したい時は、リサイクルのインクカートリッジが大変重宝します。このタイプのインクも豊富に揃っていますから、どの商品を買えば良いのか迷った場合は、このサイトを使うと効果的です。このサイトはインクカートリッジの比較サイトになっていますので、いろいろな商品をチェックできて便利です。
また、リサイクルという名称ですが、再利用しているのはインクカートリッジ本体だけで、中に入っているインクは新品ですから心配要りません。充填されているインクも各社で改良が進められているため、今では純正インクと見劣りしないレベルまで高められています。このため、印刷の仕上がりに関しましても、安心して使えることが特徴です。

 1度使い終わった物を再利用するリサイクルのインクカートリッジは、環境にも優しいエコな商品ですが、デメリットが全くない訳ではありません。例えば、純正インクからリサイクルのインクカートリッジにチェンジした直後は、ニジミやカスレが生じたり、インクが完全に乾くまで、いつも以上に時間が掛かる場合があります。これは純正インクとリサイクル品のインクでは、配合成分が違うために発生し得る現象です。異なる種類のインクに交換しますと、プリンターの中で双方のインクが混ざり、化学反応を起こす場合があります。その結果、インクの粘度が高くなったり、低くなったりするとされています。ですから、純正インクや他社のリサイクルインクカートリッジから交換した後は、印刷結果が安定するまで、何枚か試し刷りする必要があるかもしれません。ただし混ざったインクを全て出し切った後は、普通に印刷できます。

 リサイクルのインクカートリッジを使うと、プリンターが壊れるのではないかと懸念される場合もありますが、リサイクル品を使ったからといって直ぐに壊れることはないと言えます。しかしプリンターは機械物のため、壊れる時は純正インクを使っていても故障しますから、たまたまリサイクルのインクカートリッジを使っていた時に壊れる可能性はあります。プリンターの製造メーカーによりましては、純正インク以外は全て保証対象外となるケースも見られますので、その点がデメリットと言えるでしょう。メーカーサポートを受ける際、もしもリサイクルのインクカートリッジを使っていた旨を告げますと、保証期間内でも有償修理になるかもしれません。とは言え、値段的には純正インクよりも格段に安いですから、そらのデメリットを踏まえたうえで、上手に活用することが賢い選択です。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る