インクカートリッジ通販比較の「INKマスター」

TOP > インクカートリッジについて > インクカートリッジは純正とそれ以外は多少異なる

インクカートリッジは純正とそれ以外は多少異なる

ビジネスにおいて、正規品に対して互換品が製造販売されることがあります。
かつてのパソコンはメーカーごとに使えるソフトが異なっていましたが、あるメーカーは有名メーカーの互換機を作っていました。
法律上は特に問題はないようですが、全く同じ様に使えるわけではありません。
インクカートリッジでは、まずは純正品があります。
これはプリンタメーカーがそのプリンタで使うために用意したものになります。
一方安く買える互換タイプがあります。
これはメーカー以外の業者が作っています。
プリンタに装着すると、大抵はきちんと印刷ができます。
ただし、純正のインクで印刷した時は完全に同じ表現ができるわけではないので注意しないといけません。
互換メーカーによってばらつきがあるのでどこが良いとは言えませんが、どの業者も微妙に異なります。
個人的に楽しむ分には問題ありませんが、商品などの印刷では注意も必要です。



なぜ純正のインクカートリッジが高いか

ものを購入して使うとき、それを作っている会社から購入します。
購入者は、基本的には製造者や販売者が提供するものを購入するしかありません。
高くても必要なら買いますし、他に安くていいものがあればそちらに移行することもあるかもしれません。
プリンタを使うとき、まずは本体を購入します。
そして、それを印刷するためのインクカートリッジや用紙を買います。
プリンタのメーカーは、本体以外の消耗品も製造販売しています。
これらがかなり高く、場合によってはインクが本体とほぼ同じぐらいのこともあります。
これは、プリンタメーカーの戦略によるようです。
本体価格はかつてよりもかなり下がっています。
その代り、消耗品を高価にして、そこで利益を上げようとしています。
利用者として、それに乗っかるか、互換品などを利用して賢く使っていくかになるでしょう。
純正品で揃えれば、確かに高品質の印刷ができます。



互換タイプのインクカートリッジのトラブル例

プリンタを使うときにはインクカートリッジを使います。
メーカーが出している純正を使えば、ほぼ問題なく使え、問題が生じた時には修理や交換などに対応してくれるでしょう。
ただ高いため、多くの人は互換性のある製品を使っています。
では互換タイプでは問題がないかです。
ある業者で問題が続出すれば淘汰されるでしょう。
多くの業者が運営をしていることから考えると、特定の業者でトラブルが出るわけではなさそうです。
ただ、それなりに問題点が生じているとされます。
まずは、カートリッジの認識をしなかったり、インク漏れがある場合、インクが残っているのにインクが無いと表示されて印刷されないなどです。
常に起きるわけではありません。
業者によっては交換などをしてもらえるので、問題があったときにはすぐに連絡をするようにしましょう。
メーカーの保証は受けられません。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る